スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雅紫那

ashina

 雅紫那 (あしな)


訳あって朏鬼の養子となった白狐の子供。
朏鬼のことを実の母親だと思い込んでいる。
極度の人見知りで母親の前以外ではお面を外さない。
成長が遅くまだあまり喋れない。

出雲

izumo

 出雲 (いずも)


妖怪白鴉の若き長。
出雲とは生まれた時から付けられる長の名でもある。
しょちゅうふらふらと遊びに出掛けてしまうが、やる時はやる男。
惠支に求愛中。

惠支

eto

 惠支 (えと)


恩人である朏鬼に仕える、元の姿に戻れなくなった妖怪白鴉の女。
家事全般を務める。
朏鬼から力を分け与えてもらっているが、だんだんと髪や目の色が変わりつつある。
おっとりしていて優しい性格。静かに怒る。
出雲とは幼馴染。

龍澄

rindou

 龍澄 (りんどう)


川の守り神。元はただの白蛇だった。
とある人間の真似事から生まれたばかりの鬼を「朏鬼」と名付け
娘として育ててきた。我が子を溺愛。
地獄耳。
酒が好物だが、一度泥酔して村を水没させてからは飲酒を制限された。


朏鬼

mikaduki

 朏鬼 (みかづき)


人間の怨念により生まれた鬼。
神である龍澄に育てられた為、訳も無く人間を襲う様な事はせず、
時折助ける素振りも。
感情をあまり表に出さないが母の前ではデレる。

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。